注文住宅を建てる際の資金計画

注文住宅を建てる際の資金計画
夢のマイホームを実現するために、多くの方が注文住宅を選択されることでしょう。
注文住宅は、自分たちの理想やこだわりを反映させることができるため、人気を集めています。
しかし、具体的にどれくらいの費用がかかるのか不安に思う方もいるかもしれません。
今回は、「家を建てる」というテーマで詳しく説明します。
この記事を読むことで、自分たちの予算でどのような家を建てることができるのか理解できるだけでなく、住宅を建てる際の注意点も把握できるでしょう。
注文住宅とは、自分たちの希望に合わせて家を設計することができる住宅です。
そのため、予算次第で低コストな家を建てることも可能ですし、こだわりを追求して高級な住まいにすることもできます。
注文住宅においては、土地と建物を別々に購入することになります。
土地については、地域によって単価や最小限の面積が異なります。
参考ページ:中古 物件 購入 住宅・土地の購入費用一覧と重要な注意点を解説!
地価の高い地域では、30〜40坪ほどの敷地が一般的なサイズとなりますが、地価の安い地域では70〜80坪ほどの土地が標準的です。
一方、建物に関しては、全国的に建築費用はほぼ同じです。
そのため、建物の予算があらかじめ決まっていれば、どの程度の建物を建てることができるかを大まかに把握することができます。
具体的な建物のイメージを得るためには、インターネット上で無料のカタログを入手することも便利です。
注文住宅を建てる際の費用は、土地の購入費用と建物の購入費用の二つに分けて考える必要があります。
土地の購入には、地価や敷地の広さに応じた費用が発生します。
また、土地を購入する際には登記費用や仲介手数料なども必要となる場合があります。
一方、建物の購入には、間取りや仕様、使用する素材などによって異なる建築費用が必要です。
建物には構造に関する基本費用のほか、内装や外装のリフォーム費用、設備機器のコストなども考慮する必要があります。

日頃の清掃や整備・点検が重要

日ごろから車をきれいに保つためには、定期的に清掃することが重要です。
清掃をこまめに行うことによって、車はきれいな状態を保つことができます。
また、清掃は車内のにおいを取り除く効果もあります。
清掃自体は査定額に直接的な影響はありませんが、査定士に好印象を与えて、買取額の下落を防ぐことができます。
また、定期的な整備や点検も大切です。
定期的にオイル交換などの整備を行うことで、車の状態を良好に保つことができます。
さらに、整備記録簿をきちんと保管しておくことも重要です。
整備記録簿は、愛車を大切に扱っていたことをアピールするものです。
査定時に整備記録簿があると、査定額が上がる可能性があります。
また、適切な売却時期を見極めることも重要です。
中古車市場は需要と供給によって価格が変動するため、適切な時期に車を売却することが高価買取につながります。
売却を考えている車の相場価格を事前に調べておくこともおすすめです。
インターネットなどを活用して相場価格を把握しておきましょう。

名古屋市中村区不動産売却

名古屋市中村区の最新情報
名駅北側にはリニアモーターカーの駅が作られる予定で、高層ビルが立ち並びます。
2023年には地上42階建てのタワーマンションが完成し、名駅南エリアでも再開発が進んでいます。
特に名古屋鉄道が再開発計画を進めており、名鉄百貨店本館や近鉄パッセなどが一体化する予定です。
名古屋駅周辺の利便性はますます高まり、人気は続きそうです。
名古屋市中村区の特徴と利便性
名古屋市中村区は成長を続けており、不動産価格も注目されています。
人口は2023年10月1日時点で約14万人、世帯数は約7.8万世帯です。
一人暮らしや夫婦のみで暮らしている世帯が多いという特徴があります。
中村区は名古屋駅があることで知られており、東と西で印象が異なります。
東のエリアは名古屋市の経済の中心であり、名古屋駅を中心にビジネス街や大型商業施設が充実しています。
一方、西のエリアはマンションや商店街が多く、下町情緒溢れる街並みが広がっています。
名古屋市中村区は地下鉄東山線が縦横に通っており、どこへ行くにも便利な立地です。
さらに、地下鉄桜通線も通っています。
JRや名鉄、近鉄、あおなみ線を合わせると合計17の駅が存在し、交通アクセスの面でも困ることはありません。
また、中村区には名古屋第一赤十字病院という大きな病院があります。
さらに、地下鉄東山線の「中村日赤」駅と直結しているため、雨の日でも傘をさすことなく病院へ行くことができます。
参考ページ:名古屋市中村区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
名古屋市中村区の特徴と暮らしやすさ
名古屋市中村区は成長を続けている地域であり、不動産価格も高騰しています。
人口は2023年10月1日時点で約14万人で、世帯数は約7.8万世帯となっています。
名古屋市中村区では一人暮らしや夫婦のみでの暮らしをする世帯が多い傾向があります。
名古屋市中村区は名古屋駅が所在しており、東西で特徴が異なります。
東側は名古屋市の経済の中心地であり、名古屋駅を中心にビジネス街や大型商業施設が充実しています。
一方、西側はマンションや商店街が多いエリアで、伝統的な下町の雰囲気が漂っています。
名古屋市中村区は地下鉄東山線が縦横に通っており、どこへ行くにも便利な立地です。
さらに、地下鉄桜通線も利用できます。
JR、名鉄、近鉄、あおなみ線を合わせると合計17の駅が存在し、交通アクセスに困ることはありません。
また、名古屋市中村区には名古屋第一赤十字病院という大規模な病院があります。
さらに、地下鉄東山線の「中村日赤」駅と直結しているため、雨の日でも傘をささずに病院へ行くことができます。
このような施設の充実が、住民にとって安心で快適な生活環境を提供しています。

中古住宅の売買におけるインスペクションの重要性

中古住宅の売買におけるインスペクションの重要性
中古住宅の売買を検討している方々にとって、インスペクションは非常に重要な要素です。
インスペクションとは、英語で「調査」や「点検」という意味を持つ言葉で、中古住宅の売買において、建物の状態や欠陥、さらには修繕やメンテナンスの必要性や費用についてのアドバイスを専門家が行うものです。
インスペクションを行うのは、ホームインスペクターと呼ばれる専門家たちです。
彼らは民間の資格を取得した人々や建築士が含まれます。
一方、インスペクションを依頼するのは、主に中古住宅を売却する売主です。
中古住宅を売却する際、建物の欠陥や問題点に気づかずに取引を行ってしまうと、引き渡し後に買主とトラブルに発展する可能性があります。
しかし、事前にインスペクションを行っておけば、専門家による客観的な診断結果に基づいて、売り出し前に建物の状態を明確にすることができます。
そのため、売却時のトラブルを未然に防ぐための予防策として、インスペクションは非常に有用です。
また、買い手がインスペクションを行う場合には、直接インスペクターに質問し、アドバイスを受けることも可能です。
このように、インスペクションは買い手にとっても安心材料となり、中古住宅市場においてますます重要視されています。
このインスペクションの重要性の高まりは、法律の改正にもよるものです。
参考ページ:不動産中古物件購入時のインスペクションとは?メリットやデメリット
具体的には、2018年の民法改正により、売主は必要な情報を提供する義務を負うようになりました。
つまり、売主は建物の状態を事前に十分に把握し、トラブルを未然に防ぐ必要が生じたのです。
そのため、インスペクションはますます重要視され、中古住宅市場において欠かせない要素となっています。
中古住宅の売買におけるインスペクションの重要性と依頼時のポイントについて詳しく解説いたします
中古住宅の売買を行う際には、インスペクションという点検・調査を依頼することが重要です。
このインスペクションには、以下のようなメリットがあります。
1. 安心感の獲得: インスペクションを行うことで、中古住宅の実際の状態を把握することができます。
売主が提示する情報だけではなく、専門家が目視調査や測定を行い、建物の構造や設備の状態などを細かく確認します。
これにより、購入者は中古物件に対してより安心感を持つことができます。
2. 異常や隠蔽された問題の発見: インスペクションによって、目に見えない構造上の問題や水漏れ、カビの発生など、売主が隠蔽しようとしているような問題の存在を発見することができます。
これにより、後々のトラブルや修繕費用を未然に防ぐことができます。
3. 価格交渉の材料となる情報: インスペクションによって明らかになった問題や不具合は、購入価格の交渉材料とすることができます。
修繕費用を考慮に入れた上で、より適正な価格での取引が可能となります。
また、インスペクションを依頼する際のポイントについてもご説明いたします。
1. 専門家の選定: インスペクションは信頼性の高い専門家に依頼することが重要です。
建築士や技術士などの資格を有する専門家や、信頼できるインスペクション会社を選びましょう。
過去の実績や評価、料金などを比較検討し、信頼できる専門家を選びましょう。
2. 契約書の確認: インスペクションの範囲や内容、料金などは契約書に明記されるため、しっかりと確認しましょう。
また、報告書の提供期限や修繕費用の負担なども確認しておくことが重要です。
3. 自己の要望や不安点の伝え方: インスペクション前には、自身の購入希望条件や特に気になるポイントを専門家に伝えておくことも大切です。
また、調査結果についての疑問や不安な点があれば、積極的に質問しましょう。
以上が、中古住宅の売買におけるインスペクションの重要性と依頼時のポイントについて詳しく解説いたしました。
大切な買い物である中古住宅の取引に際しては、インスペクションを活用し、より安心で納得のいく取引を行いましょう。

新築マンションの特徴と利点

新築マンションの特徴と利点
最新の設備を使用できることや、自分が最初の所有者になれることが、新築マンションの大きなメリットです。
新築マンションは、まだ誰も住んでいないため、初めてそこで生活を始めることができます。
これにより、自分自身が初めての所有者であるという実感や満足感を得ることができます。
また、中古マンションと比較すると、新築マンションには強い所有感や愛着が生まれやすいとも言われています。
さらに、新築マンションには最新の設備が使用できるという利点もあります。
室内設備やセキュリティ設備には、十分な性能が備わっており、快適かつ安全な暮らしを提供してくれます。
また、新築マンションの価格は中古マンションよりも高い傾向がありますが、他の費用や税制面では優遇されることも特徴です。
例えば、新築マンションはデベロッパーから直接購入するため、仲介手数料はかかりません。
参考ページ:マンションを購入するなら新築か中古どっち?メリット・デメリットを比較!
また、購入後の修繕積立金についても、一般的には築年数が経つにつれて値上がりしますが、新築マンションでは最も低い金額で入居することができます。
さらに、新築マンションを購入する際の「住宅ローン控除」も非常に有利な条件が適用されます。
新築マンションのデメリットと注意点
一方、新築マンションには購入前に実物を見る機会がないというデメリットがあります。
中古マンションでは、実際に住む前に内見や見学をすることができますが、新築マンションでは建築中や完成後の状態を見ることはできません。
そのため、購入前にはイメージや図面だけを頼りに判断しなければなりません。
しかし、実際に住んでみたときに予想外の問題が発生する可能性があるです。

不動産売却にかかる税金の種類と計算方法

不動産売却にかかる税金の種類と計算方法
不動産を売却する際には、主に以下の3つの税金がかかります。
それぞれについて詳しく説明します。
<印紙税> 印紙税とは、不動産の売買契約書にかかる税金です。
契約書に収入印紙を貼り、割印をすることで納付することができます。
印紙税の金額は契約書に記載された金額に応じて異なります。
2024年3月31日までは、軽減税率が適用されるため、売却を考えている場合はできるだけ早い時期に売却することがおすすめです。
具体的には、売却価格が1,000万円から5,000万円までなら1万円、5,000万円から1億円までなら3万円が税金としてかかります。
売却額と比較して少額ではありますが、把握しておく必要があります。
<仲介手数料および司法書士費用にかかる消費税> 不動産を売却する際には、自分で買い手を見つけることも可能ですが、一般的には不動産会社に売却を依頼します。
そのため、不動産会社に仲介手数料を支払う必要があります。
仲介手数料は売却価格に応じて異なり、価格が高ければ手数料も高額になります。
仲介手数料の上限額は法律で定められており、売却価格が400万円を超える場合には、売却価格の3%に6万円を加えた金額に消費税がかかります。
この消費税も売却時に支払う必要があります。
以上が不動産売却にかかる税金の概要と計算方法です。
売却を検討されている場合は、これらの税金を把握しておくことが重要です。
また、節税方法についても考えることができるので、専門家のアドバイスを受けながら適切な対策を取ることがおすすめです。
参考ページ:名古屋市の一戸建てはいくらで売却できる?相場や価格の要因など
名古屋市での不動産売却における仲介手数料の半額キャンペーン
名古屋市で不動産を売却する際、不動産仲介会社「ゼータエステート」では、特別なキャンペーンを実施しており、売れるまでの間、仲介手数料を半額にするサービスを提供しています。
不動産売却における抵当権抹消登記費用の支払い
不動産を売却する際、一般的には所有権移転登記の手続き費用は買い手が負担することが一般的ですが、売り手が支払わなければならない費用も存在します。
それは、売却する不動産に住宅ローンが残っている場合に必要な抵当権抹消登記の費用です。
抵当権抹消登記には、不動産ごとに1,000円かかります。
また、土地と建物の両方に抵当権が設定されている場合は、さらに1,000円の費用がかかります。
つまり、住宅を売却する場合、最低でも2,000円の費用がかかることになります。
ただし、土地が2筆に分かれて登記されている場合は、さらに1,000円の費用が追加でかかることになります。

マンションの購入手続きを途中でキャンセルする場合の注意点

マンションの購入手続きを途中でキャンセルする場合の注意点
マンションの購入手続きを途中でキャンセルする際には、いくつかの注意点があります。
特に売買契約を結んでいた場合、キャンセルによってペナルティが生じる可能性があることに留意しなければなりません。
購入申し込みの段階ではキャンセルは可能ですが、売買契約後のキャンセルには慎重になる必要があります。
参考ページ:中古 マンション 申し込み 後 キャンセルは可能?ペナルティや再申し込みは出来る?
真に売買契約を結ぶ前の「購入申し込み」ではキャンセル可能 マンションの購入手続きは、購入申し込み、住宅ローン事前審査、売買契約の締結、住宅ローン本審査、決済・引き渡しというステップで進められます。
購入申し込みの段階では、売主に対して購入の意思を伝えるだけの手続きであり、法的な拘束力はありません。
そのため、この時点ではペナルティなくキャンセルが可能であり、申込金も全額返金されます。
売買契約後のキャンセルには注意が必要です。
売買契約を結んだ後のキャンセルについては、慎重になる必要があります。
売買契約には法的な拘束力が生じるため、キャンセルによってペナルティが発生する可能性があります。
ただし、ペナルティといっても、新たな費用が発生するわけではありません。
売買契約時に支払った手付金を放棄することによって、任意に契約を解除することができます。
売買契約時の手付金については注意が必要です。
売買契約時に支払われる手付金は、購入代金の5〜10%程度の額であり、非常に大きな金額です。
売買契約を解除する場合には、この手付金を放棄することになります。
手付金とは、売買契約の信頼性を確保するために、購入希望者が売主に預けるお金のことです。
その金額は数百万円以上になることもあります。
契約が正常に進めば、手付金は購入代金の一部として利用されます。
したがって、数百万円の手付金を放棄することは大きな損失となります。
ただし、手付金を放棄して契約を解除する場合は、売主が宅建業者である場合は「契約の履行に着手するまで」までの期間に限られます。
売主が一般の方である場合、重要事項説明書および不動産売買契約書には「手付解除期日」が設定されています。
契約後数カ月が経過している場合、引き渡しまでの日程を中間として設定することが一般的です。
通常、物件の引き渡しは契約締結後約1カ月が目安とされていますが、引き渡しまでに数カ月かかる場合があるため、中間の日程を設定することが一般的です。
また、物件の購入契約においては、手付金の放棄だけでなく、「違約金」というものも発生する場合があります。
違約金は、契約の内容によって異なりますが、通常は購入代金の1~2割程度が設定されることがあります。
したがって、契約を破棄した場合は、違約金を支払うことになるため、注意が必要です。

名古屋市中川区不動産売却

名古屋市中川区の特徴
名古屋市中川区は、名古屋市の16区の中で2番目に人口が多い区です。
この数年間、人口は横ばいですが、増加傾向にあります。
そのため、他の区と比べて不動産の売却が容易であると言えます。
不動産にはさまざまな種類があります。
土地(空き地や空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、農地(田畑)、工場や工場跡地などがあります。
この記事では、名古屋市中川区の特徴や不動産の売却価格相場、不動産の売却プロセスについて詳しく説明します。
ぜひ参考にしてください。
名古屋市中川区の特徴をお伝えします
まずは、名古屋市中川区の特徴についてご紹介します。
中川区は名古屋市の中西部に位置し、7つの川が流れる地域であり、その中でも中川運河が有名です。
中川区の人口は、2023年10月1日時点で217,934人で、世帯数は103,739世帯となっています。
この人口は名古屋市の16区の中で2番目に多いです。
また、東部には「尾頭橋(おとうばし)商店街」という賑やかな商店街があり、毎年7月には「中川金魚まつり」という中川区で最も盛大な祭りが開催されます。
この祭りでは、巨大な金魚の屋台がパレードを行い、見どころの一つとなっています。
中川区の中央部には区役所や主要な官公庁があり、地下鉄高畑駅周辺は商業地域として発展しています。
また、荒子地区は前田利家公の生誕地であり、尾張四観音の一つである荒子観音寺をはじめ、数多くの歴史的な名所があります。
特に、荒子観音寺には千体以上の円空仏や国の文化財に指定された多宝塔があり、多くの観光客が訪れています。
このように、名古屋市中川区は自然豊かで歴史的な観光スポットや商業地域が存在し、魅力的なエリアと言えるでしょう。
参考ページ:名古屋市中川区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
西部の特徴
西部は、名古屋の西の玄関口として位置しており、南北には国道302号線や名古屋第二環状自動車道などの主要道路が走っています。
また、東名阪自動車道や名古屋高速5号線、国道1号線などの幹線道路とも接続されており、交通網の便が良いことが特徴です。
この地域は将来の発展が期待されています。
中川区の治安の特徴
中川区は治安が良いと言われており、犯罪率は全体の平均よりも0.14%も低い0.56%です。
このように治安が良い理由は、地域の公共団体や警察署、そして住民が一体となって防犯に取り組んでいるからです。
具体的には、「中川区安心・安全で快適なまちづくり協議会」を中心に様々な取り組みが行われています。
公共の場所の監視カメラの設置や防犯パトロールの実施、防犯啓発活動の展開など、地域全体で防犯に努めているのが特徴です。
そのため、中川区は住民にとって住みやすく安心感のある地域として人気があります。
また、治安の良さを活かして、観光や商業の面でもさらなる発展が期待されています。

名古屋市不動産売却の流れは?

名古屋市不動産売却の流れは?
名古屋で不動産を売却する際には、いくつかのステップを踏む必要があります。
不動産売却は経験が少ない方にとっては迷ってしまうかもしれませんが、今回は名古屋市で不動産を売却する際の流れや注意点について詳しく解説いたします。
これを参考にして、スムーズに不動産売却を進めていくことができるでしょう。
不動産の市場価値と相場を調査する
まずは、不動産の現在の市場価値を把握するために、専門家の意見や周辺の売却事例を調査しましょう。
立地条件や建物の状態、周囲の環境、似たような物件の価格動向など、さまざまな要素が不動産の市場価値に影響を与えます。
これらをしっかりと調査し、できるだけ高値での売却を目指しましょう。
不動産会社を選ぶ
売却したい地域、今回だと名古屋市内の物件に詳しい不動産会社をいくつか選び、それぞれに査定を依頼しましょう。
不動産会社によって査定結果は異なるため、1つの会社だけに頼ると妥当な査定かどうかを判断するのが難しくなってしまいます。
信頼性や提供サービス、手数料などを比較して、最適な不動産会社を選ぶためにも、複数社に査定を依頼することをおすすめします。
売却契約を締結する
選んだ不動産会社と売却契約を締結します。
契約内容や仲介手数料、広告費用などについて確認し、納得のいく条件を取り決めましょう。
物件の魅力アップしよう 実際に買い手が物件を内覧することになりますので、壁に汚れがあったりホコリが溜まっていたりすると、印象が悪くなってしまいます。
物件の魅力を高めるために、きれいに清掃し、必要であれば少しのリフォームやインテリアのアップデートなどを検討しましょう。
買い手にとって魅力的な物件であることは、売却を促進するために重要な要素です。
以上が名古屋市で不動産を売却する際の基本的な流れと注意点です。
大切な財産である不動産を売却する際には、しっかりと準備をして、最良の条件で売却することを目指しましょう。
何か分からないことや相談したいことがあれば、不動産会社の担当者に相談することをおすすめします。
物件の魅力を引き立てるための方法として、清掃や修繕、内装の整備を行いましょう
物件を魅力的に見せるためには、まずは清掃や修繕、内装の整備を行うことが大切です。
これらの作業を通じて、物件の状態を良くし、買い手にとって魅力的な印象を与えることができます。
まず、清掃は非常に重要な要素です。
物件内外のあらゆる場所を掃除し、ホコリや汚れを取り除きましょう。
特にキッチンや浴室などの水回りの清潔さには注目が必要です。
また、窓やカーテンなどもきちんと清潔にしておくことが重要です。
参考ページ:名古屋市で不動産を売却するにはどうするか?売却の流れや注意点
次に、修繕作業を行いましょう。
壁の傷や床のキズ、ドアの修理など、目につく箇所はきちんと直す必要があります。
これによって、物件の状態を改善し、見た目にも美しさを与えることができます。
さらに、内装の整備も見逃せません。
色あせた壁紙や古くなったフローリングなどは、新しく取り替えることで、物件の印象を一新することができます。
また、家具やアクセサリーの配置にも気を配り、快適な空間を演出しましょう。
また、不動産会社によっては、バーチャルツアーやバーチャルホームステージングなどのサービスを提供している場合もあります。
これらのサービスを活用することで、オンライン上で物件の良さをアピールすることができます。
このような会社に依頼することも一つの方法です。
以上のように、物件の魅力を引き立てるためには、清掃や修繕、内装の整備などを行い、買い手に良い第一印象を与えることが重要です。
その際、不動産会社の提供するサービスを活用することも効果的です。

名古屋市守山区不動産売却

名古屋市守山区の魅力
不動産売却を成功させるためには、情報収集が欠かせません。
相場などの価格の情報も重要ですが、その土地の情報も購入希望者の方は求めています。
ここでは、名古屋市守山区の魅力について詳しくご紹介します。
人口の増加
名古屋市守山区の人口は、2023年10月1日時点で176,854人で、世帯数は77,229世帯となっています。
これは2021年以降で2番目に多い数字です。
1989年には145,010人、2010年には168,551人であったので、毎年人口が増加していることが分かります。
将来的にも人口は増加していくと予測されるため、不動産の売却も順調に進められるでしょう。
歴史的な名所
名古屋市守山区には、戦国時代の城跡や古寺、そして国史跡である古墳群など、歴史的に非常に重要な名所旧跡が数多く存在しています。
これらの名所旧跡は、地域の歴史や文化を象徴し、多くの人々の興味を引いています。
不動産を売却する際、このような歴史的な魅力もアピールポイントとして活用すると良いでしょう。
自然環境の豊かさ
名古屋市守山区は丘陵地帯が多く、瀬戸市との境には「東谷山」がそびえています。
周辺には「東谷山フルーツパーク」や「愛知県森林公園」があり、自然を満喫することができます。
豊かな自然環境は、不動産の魅力を高める要素の一つです。
自然に囲まれた環境での暮らしを求める人々にとって、守山区は魅力的なエリアとなっています。
様々な不動産の種類
不動産には様々な種類があります。
空き地や空き家、中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地など、様々なニーズに合わせて選択することができます。
守山区の不動産売却を考えている方々にとって、適切な不動産の種類を選ぶことが重要です。
それぞれの不動産の特徴や利用可能性を事前に調査し、購入希望者にアピールすることが大切です。
以上が、名古屋市守山区の魅力や特徴についての詳細な説明です。
不動産売却を進める際には、これらの情報を活用して、より良い結果を得るために努めてください。
参考ページ:名古屋市守山区不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定
守山区の魅力的な散策コース
– 守山の歴史を楽しむ 守山区では、後世に貴重な歴史遺産を伝えるために、さまざまなニーズに対応した6つの散策コースを設定しています。
例えば、「城跡と寺社巡り」コースでは、散策の出発点として「宝勝寺」を訪れ、その後「守山城跡」へ進み、途中で「瓢箪山古墳」や「小幡城跡」を通ることができます。
また、「歴史の里巡り」コースでは、「志段味古墳群」を順に巡りながら、その中の一つである「東谷山白鳥古墳」が見どころの一つです。
これらのコースを通じて、守山区の歴史を存分に楽しむことができます。
守山区の住みやすさ
– 施設が充実し、交通の便が良い 守山区の名古屋鉄道瀬戸線「小幡駅」周辺は、長い歴史がある住宅地ですが、新築の一戸建てやファミリー向けマンションの建設も増えています。
地域の住民は幅広く、子育て世代からご年配の方までさまざまな人々が住んでおり、治安の心配はありません。
駅には北口と南口があり、北口側には瀬戸街道や県道15号線が通っており、カフェ、ファミリーレストラン、コンビニ、ドラッグストアなどが点在しています。
南口からは歩いて10分ほどで千代田街道にたどり着き、こちらも飲食店やコンビニ、ドラッグストアがあります。
さらに、JR中央本線の「新守山」駅では、名古屋駅まで約16分で到着することができます。
また、「金山」駅へのアクセスも良く、約11分で到着することができます。
このように、JR中央本線と名鉄瀬戸線の交通路線網が整備されており、名古屋や金山へのアクセスが便利な立地と言えます。